機種変更よりも乗り換えがお得?

「iPhoneの新しい機種が欲しい」「携帯が壊れた」「4月に卒業するから学割の使える3月までに買い換えたい」など携帯電話を買い換えたいと思うタイミングというのがありますよね。

その際に、数年前であれば今使っている携帯会社の他の機種に買い換えるというのが一般的だったかと思います。しかし、今ではそれは常識ではありません。

お得な新常識「MNP乗り換え」というキーワードを軸に、毎月かかる機種代を0円にし、場合によっては7万円以上もお得に買い替えができるようになる方法をお伝えします。

目次

  • 1. 新しい乗り換え方法(MNP乗り換え)の登場による大幅値下げ
  • 2. MNP乗り換えのメリット・デメリット
    • 2-1. MNP乗り換えのメリット
    • 2-2. 機種変更のメリット
  • 3. ドコモからソフトバンクにMNP乗り換えでiPhone5Sを買った場合の比較
  • 4. まとめ

1. 新しい乗り換え方法(MNP)の登場による大幅値下げ

2006年まで日本では、ドコモならずっとドコモなど同じ携帯会社を使うのが一般的でした。

なぜなら、携帯会社を変えるとそれに伴って、電話番号の変更、メールアドレスの変更が発生してめんどくさいからです。

しかし、そこに「MNP」という制度が携帯各社に導入されます。

「MNP」とは何か。

それは携帯電話番号を変えることなく、他社の携帯電話に乗り換えることです。

このMNP制度を使えば、ドコモの携帯電話番号はそのままでソフトバンクの携帯に乗り換えることができます。

さらに重要なのは、この制度により携帯各社が「積極的に他社からうちの会社に乗り換えてもらいたい」と乗り換え優遇の価格競争が起こります。

具体的には、「機種変更だとかかる携帯端末代金を0円にします。さらに現金もキャッシュバックします。」など大盤振る舞いの優遇内容になりました。

2. MNPのメリット・デメリット

ここで、わかりやすく比較するために機種変更と比較した際のMNPのメリット・デメリットをまとめてみます。

2-1. MNPのメリット

・基本使用料が2年間無料

MNPでは、月1,000円程度かかる基本使用料が2年間ずっと0円になります。

例えば、ソフトバンクに乗り換える場合だと、スマホに乗り換えるという条件ですが、ホワイトプラン料金の月額1008円(税込み)が2年間無料になります。

2年分にすると、24,192円もお得です。

・端末代金が0円になる

こちらのメリットがかなり大きいです。

端末によっても変わりますが、機種変更の場合は基本的に機種代金が毎月かかります。

実際にドコモの場合、毎月割とよばれるプランがありますが、iPhone5S(16GB)の場合だと、2年間で10,368円の機種代金が残ります。

2-2. MNPのデメリット

・各種手数料がかかる

MNPをするのに必ずかかる費用として

・MNP転出手数料:2,160円

・新規契約手数料:3,240円

の計5,400円がかかります。

また、契約解除手数料として10,260円が別途かかります。

ほとんどの方は、2年契約のプランで加入していると思います。

この解約月にうまく契約できれば、この契約解除手数料はかかりません。

・メールアドレスが変わる

基本、連絡手段がメールの方にとって、これは痛いと感じると思います。

ただ、現在では携帯会社のメールアドレス(@docomo.ne.jp)などにこだわらなくても、連絡をとる手段は多いです。

例えばスマホであればLINE。電話番号が変わらないのでそのまま以前のアカウントをご利用いただけます。

また、Facebookをやっている方であればFacebookメッセンジャーというアプリも便利です。

メールで連絡をとりたい場合は、今ではアドレス変更のお知らせメールも簡単にできるようになっています。

・家族間無料通話がなくなる

自分一人だけ乗り換えたら、家族割が適用されなくなってしまいますよね。

ただ、こちらも3つ解決策があります。

1) 家族みんなでMNPする

1台だけMNPするより、複数台同時する方がよりお得になる場合が多いです。

2) 家族間の通話はLINEなど無料通話アプリで行う

LINEやFacetimeのように、最近では電話回線を使わずに無料で話せる方法も増えてきました。

こちらを上手に利用すれば問題ありません。

3) スマ放題プランを利用する

7月1日からソフトバンクでも月額定額制、誰とでも通話し放題のサービスが始まります。

3. ドコモからソフトバンクにMNPでiPhone5Sを買った場合の比較

現在、ドコモを使っている方が、そのままドコモのiPhone5Sに機種変更するか、ソフトバンクにMNPした方が安いのか比較してみました。

ドコモで機種変更する場合は、基本使用料に加え、、機種代金がかかります。
ドコモはiPhoneに関しては優遇しており、毎月2,592円の割引を行っています。

計算すると、月々の使用料が6,742円で2年間合計すると161,814円になります。

一方、ソフトバンクにMNPした場合は、初回に前述の「MNP転出手数料」「新規契約手数料」「契約解除手数料」の3つがかかります。

こちらの合計が15,660円になります。

また、月々の使用料ですが、スマホ利用料と高速回線4Gの使用料が合計6,480円かかりますが、基本使用料と機種代金は全くかかりません。
さらにスマホBB割により毎月1522円割引されます。

よって実質、月額4,958円で、ドコモと比較すると月々1,784円、2年合計すると42,816円もお得になります。

ここから手数料を差し引いても、27,156円もお得です。

さらに、契約更新月では「契約解除手数料」がかからないのでさらに10,260円お得で、合計37,416円もお得になります。

そして、実は買い方によってはさらにキャッシュバックを受けれる方法があります。

詳しく知りたい方は当サイトの「どこで乗り換えるのがお得なのか」を御覧ください。

※今回はiPhone5Sの場合を取り上げましたが、他のAndroid機種の場合、ドコモの毎月割の額も低くなるのでさらにMNPの方がお得になることが多いです。

4. まとめ

・番号そのままで他の会社に移ることをMNPといいます

・機種変更とMNPでは基本的にMNPがお得です

・MNPだと基本使用料、機種代金が0円なので、2万円以上は必ずお得になります

・契約更新月の解約だとさらに1万円以上お得です

・家族みんなで乗り換えるともっとお得です

・さらにお得なMNPのお得な方法が存在します

携帯代金というのは生活費の中でもばかにならない支出です。

MNPという賢い選択をして、少しでもお得に新しい携帯をご利用いただけたらと思います。

おすすめのWEBショップ

スマホルーム